ストーリーで商品をわかりやすく伝える
言葉と写真のスライド動画

​お客さんが買うのは一番いい商品ではなく、
買う「意味のある」商品だ。

「品質がいいこと」「どこよりもお得なこと」

今までは、それを伝えればよかったのです。

飲食店なら、その味の旨さ、食材の新鮮さ、店内の快適さ、接客サービスのきめ細かさ、他よりも安いこと、量が多いこと・・・。このようなことを一生懸命アピールします。他店よりウチの方が上ですよ、と。そこにクーポンを付けて、期間限定にして、短期間で一気にお客さんを集める。今まではこれでよかったし、今でもそれなりに集客できます。​

だけど、いつまでこのやり方を続けるの?

という話です。

実は、けっこう前から気づいてる人も多いと思います。この方法で集めたお客さんて、この一瞬だけなんです。ほとんどはクーポン目当て。数回リピートしてくれたお客さんも、他にもっと安いところや新しいお店ができたらすぐにそちらへ行ってしまいます。だから、また同じようにクーポンを出すしかない。そしてまた一瞬戻ってくる。その繰り返し・・・。

3711848_s.jpg
3711848_s.jpg

あなたは商品を売っている理由を発信しているか?

 

今までは、それを伝えればよかったのです。

飲食店なら、その味の旨さ、食材の新鮮さ、店内の快適さ、接客サービスのきめ細かさ、他よりも安いこと、量が多いこと・・・。このようなことを一生懸命アピールします。他店よりウチの方が上ですよ、と。そこにクーポンを付けて、期間限定にして、短期間で一気にお客さんを集める。今まではこれでよかったし、今でもそれなりに集客できます。​

だけど、いつまでこのやり方を続けるの?

という話です。

実は、けっこう前から気づいてる人も多いと思います。この方法で集めたお客さんて、この一瞬だけなんです。ほとんどはクーポン目当て。数回リピートしてくれたお客さんも、他にもっと安いところや新しいお店ができたらすぐにそちらへ行ってしまいます。だから、また同じようにクーポンを出すしかない。そしてまた一瞬戻ってくる。その繰り返し・・・。

よくある間違い

化粧品

品質や価格を
アピールしようとする

商品は、使ってみるまでわからない。使ってみたとしても、一般消費者にその違いはほぼわからない。今の時代、いいものはすぐに真似される。品質に差がなくなってきている。また、価格勝負していいのは大手だけ。資本力のあるところに値段では敵わない。

多くの人に
アピールしようとする

なるべく多くのお客さんに来てほしいから、多くの人に響きそうなことを言おうとする(やろうとする)。結果、ありきたりな発信となり誰にも響かない・・・。

自社を
アピールしようとする

ビジネスの主役は、あなたの会社やお店ではない。そして商品やサービスでもない。主役は「顧客」だ。