top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

何を「やらない」かを決める

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


「できるだけ高く売りたい。でも、たくさん売りたい」


そりゃそうだろ、っていう話です。


それができれば苦労しない。。。


文字にすると矛盾していることがわかりやすいが、会議なんかでは普通に(違和感を感じることなく)言っているのではないだろうか。


「大量に売るために粗利をどこまで削れるか」


とか、


「粗利を確保して数売らなくてもいいようにしよう」


と考えるのが真っ当なビジネスな気がする。


粗利も高いし数も売れる!というのは確かに理想的だ。

理想を追求するために(一見無理なことに挑戦するために)頭を使うんだ、という意見もあるかもしれない。

でもそれって、突き詰めれば詐欺商材ってことになるんじゃないだろうか??


こんな話もある。


売上を上げるために、もっとたくさん営業するんだ!

既存客も伸ばすし、新規も取りに行くし、この商品だけじゃなくて、もっといろんな商品を提案する、あれもやるといい、これもやるといい、あっちにも行くし、こっちにも行く・・・。

とにかく全部やってみるんだ!


そりゃそうだ。

できるんだったらそれがいいに決まってる。


でも、それができないから戦略を練るんだ。


限られたリソース(お金、時間、知識、人材など)をどこに集中して使うかを決めること、これが戦略だ。


大手のような恵まれた環境(潤沢なリソース)がない中小・零細企業こそ、戦略が大事になってくる。


ポイントは、『やらないことを決める』だ。


捨てることを決める、と言ってもいいかもしれない。


あれもこれもやるためにはどうすればいいだろう?と考えることは、ほとんど無意味だ。

(社員全員が今の倍の時間働くというなら話は別だ。だがそんなことにはならない)


もし、忙しくて時間がない中で売上をなんとかしようとしているなら、できていないことをやる方法を探す前に、まず何をやらない(やめる、捨てる)かを決めることだ。


やることを極限まで減らして、そこに集中するのがいい。



高畑昌史


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

bottom of page