検索
  • 高畑 昌史

マーケティングの定義



高畑です、


前置きなしで、まずお伝えします。



マーケティングとは、


「市場の方からあなたの商品を求めてくるようにすること」


お客さまに本当に必要なものが何かを気づかせる。

商品の良さを最大限に引き出す。

この両者を結びつけることで、新たな価値を生み出すこと。



これが、今の僕が考えている

『マーケティングの定義』です。


あらためて、きちんと伝えておこうと思って。


というのも、人によって様々なのです。

マーケティングの解釈って。


集客のことだって言う人もいれば、

市場調査だって言う人もいる。

広告宣伝活動って言う人もいるし、

売れる仕組みを作ることと言う人もいる。


どれも間違っていないと思うけど、

なんだかフワッとしすぎている気もします。


近代マーケティングの父と呼ばれるフィリップ・コトラーさんによると、


「個人や集団が、製品および価値の創造と交換を通じて、そのニーズや欲求を満たす社会的・管理的プロセスである」


アメリカ・マーケティング協会(AMA)によると、


「消費者、顧客、パートナー、および社会全体にとって価値のある提供物を創造、伝達、流通、交換するための活動、一連の精度、およびプロセスをいう」


なるほどとは思いますが、

ちょっと小難しいですよね。


そんな中、僕が今までで一番しっくりきていたのは、


インターネットマーケティング界の権威であるリッチ・シェフレンが提唱した定義です。


「マーケティングとは、オファーするものの価値を高く評価するよう見込客を手助けし、セールスしなくてもそれを買いたくなるようにさせることで需要を生み出すこと」


というものです。


今でも、名刺の裏にはこの言葉を記しています。


しかし僕の知識(インプット)も、

日々アップデートしております。


もっとわかりやすくて、

もっとピンとくるものがあれば、

すぐに更新いたします。

(そこに執着はありません(笑))


というわけで、


今僕がもっとも的を射ていると思うマーケティングの定義は、



「市場の方からあなたの商品を求めてくるようにすること」


お客さまに本当に必要なものが何かを気づかせる。

商品の良さを最大限に引き出す。

この両者を結びつけることで、新たな価値を生み出すこと。



です。


そのための手段として最適なのが、

『コピーライティング』です。



高畑昌史


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示