top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

あえて複雑な手続きを踏ませて、理想の顧客を集める

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


もしあなたが、自分(の商品)を安売りしたくないと思うなら、ダン・ケネディのこのアドバイスを参考にするといい。


ダン・ケネディと仕事をする(サポートを依頼する)唯一の方法は、FAXを送り、数週間後に返事が来ることを待つしかないそうだ。

しかも、彼との電話は予約制で、これまたFAXで事前に秘書に連絡を取ることが必要で、電話できる時間も15分単位できっちり区切られるらしい。だからクライアントの方が、電話する前にしっかり要点をまとめて簡潔に話をすすめるための準備をしておくらしい。


ここまでやるかは別にして、要は、「ハードルを上げる」ということだ。


僕らはたいてい、逆のことをやろうとする。


なるべく簡単にコンタクトが取れるようにしておく方がいいと考えるのだ。

また、レスポンスデバイス(連絡や問合せの手段)も多い方がいいと考える。


もちろん、その方がいい場合もある。


どこでも買える商品や、スピードが大事なものを扱っている場合は、手間がなくスムーズにしておく必要がある。


だけどもしあなたが、自分(の商品)の価値を下げたくない、冷やかし客は排除したい、優良なお客さんと長く良い付き合いがしたいなら、あえて手間をかけさせるのも一つの方法だ。


あなたとコンタクトを取ることが、簡単ではないようにするのだ。


手間がかかればかかるほど、あなたに到達したときの喜びは大きくなり、高い価値を感じるようになる。


そしてせっかく手に入れたその価値を手放したくないから、お客さんの方が努力してくれるようになるのだ。


「お前のところから買ってやってるんだぞ」なんて思ってるお客さんは、必要ないでしょ?



高畑昌史


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

Comentários


bottom of page