top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

飲食店の売上を上げる最も簡単な方法




もしあなたが飲食店をやっているなら、ぜひ参考にしてほしい。

これはすぐに使えるし、ほぼ間違いなく売上を上げられる方法だ。


実際は飲食店以外のどんな業種でも使えるが、飲食店は特に即効性があり簡単に取り入れることができるから、やらない手はないと思う。


売上を上げる方法のひとつに、単価UPというものがある。


単価UPと言うと、「簡単に値上げなんかできない」と思う人もいるだろうが、何も既存商品の値段を上げることだけが単価UPではない。


例えば、Aランチ750円、Bランチ900円という2種類のメニューを出している定食屋さん。ほとんどのお客さんはAランチを頼む。お店としてはもっとBランチを売りたい。そんなときどうするか?


「Cランチ 1200円」


を作る。以上。


そう、これだけで面白いほどBランチが出るようになる。そして必ず、一番高いCランチを頼む層も一定数いる。結果的にランチの売上はすぐ上がる。


ポイントは、種類を増やしすぎないこと。A、B、Cの3種類までにした方がいい。Dランチ1500円、Eランチ・・・とやっていくとお客さんは混乱して選ぶ気をなくす。面倒くさいから一番安いAランチでいいや、となってしまう。そして日本人の特性なのか、松、竹、梅があったら、なんとなく梅は頼みにくい。人と一緒にいるときはなおさらだ。3種類、というのがちょうどいい。


しかしこの話をすると、「メニューをもう一品増やすのは大変だ」と言う人がいる。でも、Cランチのためにわざわざ別の新しいメニューを作らなくてもいいのだ。例えばお肉なら、ランクを上げるとか枚数を増やすとか。サラダとスープを付けるとか。BランチにAのおかずを足すとか。新たに仕入を増やさなくてもCランチは作れる。


これは、「上位商品を作る」という単価UPのテクニックだ。


客単価を上げることは、売上UPのためには欠かせない要素だ。既存商品の値段を単純に値上げするというもっともシンプルな方法以外に、今回の「上位商品を作る」のを含めて単価UPには17個の具体的なテクニックがある。


このブログでも随時紹介していこうと思っている。


高畑昌史


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

Comments


bottom of page