top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

週一の1人ミーティング

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


「実行力」を辞書で引いてみた。


物事を成し遂げる能力


とあった。


ふと気になったので、「行動力」も調べてみた。


実行力と行動力って、同じ意味のような気もするし、なんかちょっと違うような気もする。


「あの人、行動力あるよね」って言うことあると思うんだけど、それって、考えているだけじゃなくて実際動くとか、勇気を出して最初の一歩を踏み出す、みたいな意味だ。


そうか、行動力って言葉には「やる」という意味は含まれているけど、「最後までやる」とか「やり通す」というニュアンスはあまり感じられないかもしれない。


ところで・・・「行動力」の意味なんだけど・・・


なんと、出てこなかった。


行動力ってよく使う言葉だと思ってたけど、そんな単語ないのか?

(調べ方が悪いだけかもしれないけど・・・)


ちなみに、「行動」は出てきた。


行動:人間を含む動物の活動や行い全般


だそうだ。


なるほど、そう考えると、「行動」に力もなにもないのかもしれない。


OREYALは「実行力」を売っている。


「マーケティングの実行」だ。


やれば必ず結果の出るマーケティング戦略を、ちゃんとやることをサポートする。


「ちょこっとやってみる」じゃない。やり抜くんだ。そう、実行するということだ。


そしてOREYALが今目指しているのは、実行できるチームをつくること。

(僕が実行して結果を出しますよ!の先に、そのチーム全体を実行できる組織にしたい)


実行する組織を作るために必要なことっていくつかあると思うんだけど、その中の一つに「アカウンタビリティ」というものがある。要は、報告し合うことだ。


目標を決めた。具体的に何やるかも決めた。役割も決めた。よし、これで後はやるだけ!


ってわけにはいかない・・・。


定期的に報告し合うことがないと、いとも簡単にやらなくなる。

(本当に、面白いぐらいに何事もなかったかのように忘れ去られて時は過ぎてゆく・・・)


で、まずは自分でやってみようと思って。


その成果を確かめるために。


今までも、なんとなくそんな感じのこと(アカウンタビリティ)は自分の中でやっていたような気もするんだけど、改めて、しっかりやってみようと思う。


毎週日曜日の夜。

目標の確認、フォーカス。

来週一週間でやろうと思っていること(行動目標)を宣言。

※予定の確認ではなく、チャレンジをコミット

(次の日曜日に)やろうと思っていたことがちゃんとできたかの確認。改善。

これを毎週繰り返す。

そして月一で数値目標とのすり合わせ。


よし、やるぞ!



高畑昌史


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

bottom of page