top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

商品よりも「店」を売れ

更新日:2023年5月8日

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


商品を買う「一度きりのお客」が欲しいのか、お店を好きになってくれる「ファン」が欲しいのか。


例えば、洋服屋さん。


服を見ているお客さんに声をかける。たいていはその服のことを話す。素材がどうだとか、今流行っているとか。もちろんそれは悪くない。ただ、ここで、もう一歩踏み込んで「お店」のことを話せればなおいいと思う。


その商品が気に入って、それを買って満足して帰っていく・・・だけじゃなく、そのお店自体を気に入ってくれれば、そのお客さんはたぶんまた来てくれる。


ここはこういうお店なんです。コンセプトとかオーナーの想いとか考えとか、こんな商品を揃えているお店なんですとか。


もちろん、服を見て選んでいるお客さんに、いきなりオーナーがどんな思いでこのお店を作ったかなんて話をするのは不自然だ。そういうことではない(笑)


一回限り(商品目当て)のお客さんで終わるのか、お店自体を気に入ってくれて何かあったらここに来ようと思ってもらえるようになるのかは、この先のお店の繁栄をとても大きく左右する。


そうなってくると、やっぱり「人」が大事だ。お店(会社もそうだけど)を作っているのは、やっぱり人だからだ。スタッフの対応一つでそのお店の印象はガラッと変わる。


商品が大切なのは百も承知だが、ファンをつくるためにはお店そのものを好きになってもらう方がいい。そのために何をするかだ。


(もし、商品に絶対の自信があって商品押しのお店なら、なぜいつも良い商品を揃えられるのか(その仕組みのようなところ)を伝えてあげるといいと思う)



高畑昌史


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

Comments


bottom of page