top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

優しい男がモテる理由

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


今も昔も、女性に好みのタイプを聞くと、「優しい人」というのが必ず上位に入ってくる。なんなら、なんだかんだ言って結局1位はこれなのかもしれない。


今日、西野さんのVoicyを聞いていて、「なるほど、そういうことかもしれない!」と腑に落ちた。


本当のお金持ちは、優しい人が多いのだ。


新幹線(グリーン車)で、こんなことがあったそうだ。


背もたれを倒そうと思って、後ろの席の人に声をかけた。「シート倒してもいいですか?」って。OKをもらい、シートを倒した。すると、その人が窓側に引っ掛けていたコートを巻き込んでしまい、それに気づかず倒してしまったもんだから、コートの首元の引っ掛ける部分(あれ何て言うの?)がちぎれてしまったのだ。西野さんは「しまった!」と思って慌てて立ち上がり、全身全霊で謝罪した。「申し訳ございません!」って。もちろん弁償するつもりでその旨を伝えた。しかしその人は顔色ひとつ変えずこう言った。「いいんです。気にしないでください。シートを倒すと言われたのにコートをそのままにしてしまっていたために、むしろ、申し訳ないなんて言わせる状況を作ってしまいこちらこそ申し訳ありませんでした」と。


なんという紳士!


普通、「あーあーマジかよ!勘弁してよ・・・」とか言いそうなもんだ。


もちろん、その人の稼ぎを聞いたわけではない。でも、そのコートや、身なり、立ち居振る舞いから察するに、相当経済的に成功していることが伺えたそうだ。


そう、本当のお金持ちって、たぶんとても優しいのだ。

ちょっとやそっとじゃ動じないというか。


優しい=経済的に問題ない=何事にも動じない


つまり女性は、「余裕」を感じるんじゃないかなと思った。


それが「安心」につながるのかなと。


いったい何の話?(笑)



高畑昌史


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

Comments


bottom of page