top of page
検索
  • 高畑 昌史

ブログのSEO対策

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


せっかくなのでテストしてみようと思う。


何をテストするかを説明する前に、、、


このブログは、WiXさんで作ったホームページの中のブログなんだけど、WiXさんは使い勝手がかなり良くて僕は気に入っていて、ずいぶん前からお世話になっている。


ただ、SEOは弱いと前から言われていた。

(今もそうなのかはわからない・・・)


一方、OREYALが運営しているスタジオZEROのページは別のところのシステムを運用させてもらっている。確かにこちらの方がSEO的には優秀なのは間違いない。


で、このスタジオZEROのページを管理している会社に、ブログの効果的な書き方を聞いてみた。


すると、タイトルがやっぱり大事で、タイトルに、設定しているキーワードを入れるといいと言われた。設定しているキーワードとは、ZEROで言えば、「世田谷区」「ダイエット」みたいなことだ。


言わんとしていることはわかる。


が、ブログを書くたびに「世田谷区」や「ダイエット」を題名にするのってどう考えても不自然だ。SEO対策のためだけにブログを書いているように見える。僕はそういうのは嫌いだ。

(そういうのを「小手先のテクニック」という)


タイトルって大事なんですよ。


多くがそうだと思うんだけど、タイトルを見て読むかどうか決める。

興味を持ってもらって、読まずにはいられなくなるようにしたい。

そして当然、タイトルと中身(本文)は一致してなければダメだ。


だから、SEOありきでタイトルを決めるなんてナンセンスだ(と僕は思う)。


何か他に・・・って聞いていたら、いい方法があった!


それが、『署名』を入れるというものだ。


お決まりの文句を毎回必ず入れるということ。

これはいいと思った。

文章の前半の方がいいということだったので、本文を始める前に入れることにした。

今までのブログにも追加してみようと思う。


これでどんな効果があるか、せっかくなんでちょっとやってみます。



高畑昌史


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 こんなとき、あなたなら

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今日は相談というか、い

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 アインシュタインが言っ

bottom of page