top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

チームを強くするための自分の役割

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


僕はイチローが好きだ。


正直言って野球はそんなに興味がない。

でも、イチローは好きで、YouTubeでたまにイチローのプレーを見ている。

レーザービームとかスーパーキャッチとか最高だ。


何が好きなんだろう・・・?


やっぱり一流のパフォーマンスか(見ていて美しいプレー)。一番という結果を数字でも出しているところか。自分の仕事に向き合うストイックな姿勢か。人に流されないところか。自信か。・・・


理由はいろいろあると思うけど、とにかく僕はイチローが好きだ。


ということを踏まえて聞いてほしい。


ある人のYouTubeで、ノムさん(故 野村監督)がイチローをどう見ているかという動画があがっていた。(どこの誰があげていたか忘れてしまったし、たまたま観ただけでどこまで真実かわからないけど・・・)


でも、「なるほど、そういう見方もあるかー」と思った。


その動画の中では、ノムさんはイチローのことをあまり認めていないと紹介されていた。


「いちプレイヤーとしてはすごい。打率もすごいし記録に残る結果をいくつも作っている。スターであることは間違いない。しかし、チームのために貢献しているか?野球はチームプレーだ。例えば一番打者は、塁に出ることももちろん大切だが、投手になるべく球数を投げさせて後の打者に球種やその日の球筋を見せることも大事な役目だ。でもイチローは比較的早い段階で打ちにいく。そして何よりも、個人成績は文句のつけようがないぐらいすごいが、チームが優勝していない(マリナーズもトップにはなっていない)。つまり、チームとして最強にはなっていないのだ。また、どこか自分は特別だという態度が好きになれない。すごい選手だとは思うが、ファンにはなれない」


僕がもっとも反応したのは、


「チームを優勝させられていない」


という点だ。


僕の仕事にも当てはまる、耳の痛い指摘だ。


僕自身が頑張って結果を出すことはもちろん大切なこと。だけどその次に(同時に?)目指さなければいけないのは、結果を出せるチームにすること。


僕が僕のやり方でうまくいったからといって、他の人もうまくいくとは限らない。そして気をつけなければいけないと思ったのは、僕が自分がうまくいくやり方にこだわることで、チームにいい影響を及ぼさないんであればそれはよくないんじゃないかということ。


自分が目立つこと、自分が中心になることが、チーム全体の底上げになるとは限らないのかもしれない。。。


でもやっぱりイチローは好きだ。



高畑昌史


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

Comments


bottom of page