検索
  • 高畑 昌史

アサヒのぬかりない販売戦略



高畑です、


アサヒビールさんの「うまいなー」と思った販売方法です。


ビール好きの方は飲まれたでしょうか。

いや、飲みたくても飲めなかったかもしれません。


先月のニュースです。


『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶 1日で販売停止(休売)』

4/20にスーパーなど全業態で発売したが、想定を上回る販売量でわずか1日で休売となった。発売再開は6月中旬以降になる見通しだ。


すごいですよね。


でもこれ、、、


想定を上回ると書かれてますが、

アサヒさんはこうなることを狙ってたとしか思えないのです。

(理由は後ほど説明しますね)


まず、商品がすごいですよね。

缶ビールなんだけど「生ビール」。

蓋を開けると泡が溢れ出てくる。

まさに生ビール感覚。


コロナ禍の巣ごもり需要にマッチ。

外で満足に飲むこともできないし、

家で贅沢に過ごしたい人が増えている

このタイミングにぴったり。


値段が手頃。

340ml 税込で200円切るところも。

普通のスーパードライ缶と同じぐらい。

安い・・・。


日本初。

フルオープンかつ自然発泡する缶は

日本初のようで、事前に宣伝をかなりしていました。


これだけでも、もう売れる感満載なのに、、、


僕が「狙ってたとしか思えない」と言ったのは、


店頭での売り方です。


このブログに貼った画像を見てください。


発売初日、

まだどれだけ売れるかわからないにも関わらず、


『 おひとり様あたり 3本まで 』


というPOPを打ち出しているのです。


これをやられたら、

元々は3本ぐらい買っていこうかな

と考えていた人も、

奥さんの分も入れて6本買っていくでしょう。


みるみるうちに無くなっていく様子を見た人たちは、


元々買う気はなかったけど、

買いそびれたらなんか損した気分になりそうだから買います。


こんな状態が各地で起こって、

あっという間に完売、生産が追いつかなくなったのです。


これはうまい。

(ビールじゃないよ)


よく見かける、

『1個398円、3個買ったら999円』

みたいな「まとめ買いお得戦法」よりも、


こっちの方が効果が高そうです。


「まとめ買い戦法」は利益率が下がります。

(単価は安くなるため)


しかし、「おひとり様個数限定」は

単価が変わらないので利益率そのまま。


これはいろんなところで応用できそうですね。


ただし、商品のクオリティが高いことが大・大・大前提です。


このやり方をやって、

商品が全然売れず見向きもされなかったら、、、


かなり恥ずかしいことになるのでご注意を。



高畑昌史


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示