検索
  • 高畑 昌史

どの書体を使うのがいいのか?


高畑です、


どの書体にするか迷ったことはないだろうか?

僕はある。けっこう考えてしまう・・・


もしあなたが、チラシやHPを作る人、

あるいは完成したそれらをチェックする人なら、


「書体(フォント)なんて何でもいい」


とは思わないはずだ。


だけどこれ、正解を見出すのは非常に難しい。


無難なのはゴシック体や明朝体、

でも見た目がかたいしつまらない。


普段ずっと使ってるから飽きもある。


ちょっとカッコイイ文字にしてみようか、

斜体にしてみたりもして。


かわいらしいポップな感じもいいか。


和のテイストのときは行書体もしっくりくる。


たまには手書きもいいかも。


などなど・・・


もっと言うと、

文字の色はどうしようとか、

背景色は何がいいとか、


考えることは山ほどある。


しかし、ここで明確な答えをお伝えしよう。


アメリカで行われた研究によると、

書体のシンプルさ、あるいは複雑さが

人の情報認知度を驚くほど左右する

ということを示した。


シンプルな書体で説明を読んだ人の方が、内容にコミットする確率が高い


との結果が出た。


あれこれ考えて凝った書体にするより

シンプルで読みやすい書体がいい、ということだ。


デザイン性を求められるポスター


みたいなものは別として、


購入や申し込みなどの「行動」を促すことが目的なら、


シンプルな書体にするべきだ。


文字色や背景色も考え方は同じ。


これは日本のマーケッター(コピーライター)の結論だが、


白背景に黒の文字


が一番成約率が高い、とのこと。


つまらないかもしれないけど、これが現実です。


しかし、こんな例外もある。


高級品には凝った書体を使う。

難しい言葉を使った長い説明もあり。


というものだ。


確かに、高級レストランのメニューは読みづらい。


これは、


読む人の理解を遅くし、

その料理は多大な手間と時間と技術を要する


という印象を与えるのだ。


ま、それはそれとして、、、


広告で使う文章は、

シンプルな書体にするのがいいと思う。



高畑昌史


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示