top of page
検索
  • 執筆者の写真高畑 昌史

とったメモ、読み返してる?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせることによって世の中に価値を増やすために、最適なマーケティングプランを考えて実行するところまで一緒にやる会社です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


高畑です、


今日は相談というか、いい方法があったら誰か教えてーという内容。


メモには2種類ある。


1つ目は、忘れちゃいけないためのメモ。

スケジュールとか、人の名前とか、電話番号とか。

主に手帳に書くようなこと。


2つ目は、次に活かすためのメモ。

気づいたこととか、ひらめいたアイデアとか。

主にノートに書くようなことだ。


あ、もう1つあった。


ポーズのためのメモ。

相手にいい印象を与えるために書いてるふり(笑)

(これは冗談として・・・)


今回は、2つ目のメモの話。


人と話しているときや本を読んでいるとき、セミナーや講演会でもいいのだが、なるほどなーと思ったこととか何かアイデアが浮かんだとき、僕はメモをとることがよくある。直接本に書き込むこともあるし、スマホにメモ(あるいは自分にメール)したり。


そのときは気分も高まって、忘れないうちにすぐ書いとこ!って感じでメモるんだけど、、、


そういうのって読み返します??


僕はあまり読み返してない・・・


たまに前に書いたメモが出てきて、「いいこと言ってるじゃん!」てことがある。


そういうのって、皆どうしてるんだろう?


マーケティングノートみたいなものを作っている。

クライアント毎にノートを用意している。

手帳がある。

セミナー(教材)を受けるとノートができる。

A4の紙(裏紙)に書く。

付箋にメモする。

それを本に貼ったり、カレンダーに貼ったり。

ホワイトボードに書く。

移動中のときなどは自分にメールを送る形でメモる。

読みたい本(まだ読んでない本)が尽きることはないから、同じ本をもう一度読むってことがあまりない。

・・・・・・


ざっと思いつくだけで、僕はこんな感じでメモしている。


いろんなところにメモしすぎなのか??


せっかくメモしたのだから、後からちゃんと読み返すようにしたい。


正直今は、せっかく書いたメモの束が机の端に積まれている状態だ。

付箋だらけの本は一度本棚に戻るとめったにそこから動かない。

(どうせなら次は新しい本を読もうってなる)


次に活かしたいんだけど・・・


何かいい方法を知っていたら教えてください!



高畑昌史


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミッション」「ビジョン」「戦略」「価値観」の関係

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 今回は備忘録。 『ビジョン・ドリブン(理想

売ることは、とても誇り高い行為

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 「営業とか販売の仕事って何ですか?」 と聞

専門家に相談するときの注意点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ OREYALは、いい商品/サービス/人を輝かせるために最適なマーケティングプランを考え、提案だけでなく実行するところまで一緒にやる会社です。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 高畑です、 ゼネラリストとスペシャリスト。 ここでは、

bottom of page