検索
  • 高畑 昌史

ただの「石ころ」が魅力的になるとき


河原に転がっているただの「石ころ」も、この画像のように重ねると一つの芸術作品になる。


また、たとえば子どもの落書きのように見える絵も、金の額縁に入れて美術館のど真ん中に立ち入り禁止のロープをはって展示されれば、すごく高価なものになる。


こんな面白い実話もある。


世界最高峰のヴァイオリニストであるジョシュア・ベル。彼は世界中で満員の聴衆を前に演奏し、1分間で10万円以上稼ぐ。彼が弾くヴァイオリンは1713年のストラディヴァリウス。3億円はくだらない最高級品。あるとき『ワシントン・ポスト』紙から、ある社会的実験への参加を持ちかけられた。それは、地元の地下鉄の駅で1時間演奏してほしい、その間何千人もの人々が彼のそばを通りその演奏を耳にしたら、いったいいくら稼ぐことができるのか、というものだった。・・・お察しの通り、結果は散々たるものだった。世界最高の演奏家がこの1時間で稼いだのは、たったの3,200円だった。


言いたいのは、


『ほとんどの人は、自分で価値を決めていない』


ということ。


一目見ただけでその良さがすぐにわかる商品なら、売り手は(そして買い手も)何の苦労もない。しかし、世の中にあるほとんどのものは、どこにでもある平凡な商品にしか見えない。


実際は他との違いがたくさんあるというのに・・・。


だから、教えてあげないといけない。

わかりやすく。

これは買う価値があるんですよ、ということを。


チラシのメッセージでうまく価値を伝えて、かなり反響があったいい例がある。以前、うちがサポートさせていただいたカレー屋さんの話だ。3,000枚ポスティングして、1週間で140組の来店があった。反応率、実に4.7%!


商品はそのまま。伝え方を変えただけだ。


次回、どんなメッセージでチラシを作ったか、詳細をお話しする。


高畑昌史


0回の閲覧

会社所在地

東京都世田谷区桜1-3-5-101

世田谷線 上町駅から徒歩3分

電話番号

TEL: 03-6321-4498
FAX: 03-6313-3114

お問い合わせ

takahata0711@gmail.com