検索
  • 高畑 昌史

「伝説の広告」と「えんとつ町のプペル」の共通点



高畑です、


100年ぐらい前に作られた伝説の広告があります。


ジョン・ケープルズさんという人が書いたコピーで、ものすごく商品が売れました。


その後この広告を真似る人が続出し

(世界一パクられた広告です)、

今でもよく真似されています。


『私がピアノの前に座ると彼らは笑った。でもピアノを弾き始めると・・・!』


そう、通称「ピアノコピー」と呼ばれているものです。


これがキャッチコピー、

その後ストーリーが始まります。


簡単に説明すると、


出来の悪い男が、ピアノの発表会で初めて演奏する。

彼がピアノに向かって歩み寄ると、

心無い連中が彼をあざ笑う。

「アイツがピアノなんて弾けるわけがない」

「恰好だけはいっちょ前じゃないか」

ひそひそ話、せせら笑い・・・

だけど、彼がいざ弾き始めると状況は一変。

そのあまりの上手さに聴衆は一瞬で惹きこまれた。

演奏が終わると拍手喝采!

「すごいじゃないか!」

「いつの間にできるようになった!?」

「なぜそんなに上達した!?」

打って変わって、彼はヒーローになった。


というような話。


負け犬が、ヒーローになる


バカにされていたやつが、見返す


という鉄板パターンです。


人は、この手の話が大好きです。

スカッとするからだと思います。


キャッチコピー(タイトル)を見ただけでなんとなくストーリーは想像できるけど、続きを読みたくなるのです。


オチはわかっていても、スカッとする感じを味わいたいのです。


この広告の商品は、「ピアノの通信講座」です。


このストーリーの後、短期間で上達した秘密はね・・・と続きます。


このパターンが、他でも本当によく使われているんです。


例えば、、、


『ウェイターがフランス語で私に話しかけたとき、彼らはニヤニヤと笑いました。―でも、私の返事に驚いて、薄笑いは止まりました』


とか。


ところで、『えんとつ町のプペル』。


絵本でベストセラーになり、

映画も大ヒットしたあの名作です。


主人公ルビッチの名ゼリフ、


「誰か見たのかよ?誰も見てないだろ?だったらまだ分からないじゃないか!」


これは、作家(兼お笑い芸人)の

西野亮廣さんの実体験が基になっているお話しで、


夢を語っては笑われていた男が

夢をあきらめず一生懸命努力して

その夢をかなえる


という話。


これねー、

本当に刺さるんです。心に。


この物語も、別に結末が意外でもなんでもないんです。


たぶんこうなる、とわかっているけど・・・それを見たい!


って感じ。


「ピアノコピー」と同じです。

プペルもロングセラーになると思います。



高畑昌史


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示